XSERVER(レンタルサーバー)の特徴や料金など|WordPressのサイト構築ガイド

2019年9月16日

XSERVER(レンタルサーバー)公式サイト

高速性能や負荷体制の強みをセールスポイントとする、XSERVER(レンタルサーバー)の特徴や料金、主な機能について紹介します。

XSERVER(レンタルサーバー)の主な特徴

エックスアクセラレーターという高速かつ安定化機能

XSERVERのレンタルサーバーにおける一番の特徴はエックスアクセラレーターという機能があること。ウェブサイトの静的ファイルをキャッシュするとともに、Ver.2ではPHPの高速化も実現。これによって機能を無効化した状態よりもPHPの処理速度は20倍、WordPressの処理速度は10倍という計測結果が公式サイトに掲載されています。

AMD EPYCTMを採用して48コアCPU+512GBメモリを実現!

XSERVERの公式サイトによると、2020年2月28日現在の運用サイト数は170万件を超えるほど豊富な実績あり。稼働率でも99.99%以上となっています。
また、ハードウェアのスペックは48コアCPU+512GBメモリを搭載。これはAMDの最新CPUであるAMD EPYCTMを採用したもので、ストレージもオールNVMe・RAID10構成でさらなる速度アップを図っています。
ネットワークインフラは総計1.39Tbpsとオープンにしているのが信頼にもつながります。

X20・X30プランならドメインの無料プレゼントも

一番安価なX10プランは非対応ですが、X20・X30プランなら.jpや.com、.netなどのドメインを1つ無料でプレゼント。しかも、レンタルサーバーを契約している間はドメインの料金が無料となるのも見逃せないメリットです。
また、2020年4月30日(木)18:00までは「ドメイン0円キャンペーン」を実施していて、.jpは含まれないものの.comや.netなど新規サーバー契約に1つのドメインが無料で提供され、これはX10プランも対象となっています。

XSERVER(レンタルサーバー)の要チェック機能

XSERVER(レンタルサーバー)の主な機能は以下の通りです。

引用元:XSERVER(レンタルサーバー)(https://www.xserver.ne.jp/functions/service_server.php)
容量(SSD) 200GB
データベース(MySQL) 50個
転送量目安 なし
独自SSL 標準搭載(Let’s Encrypt)
WordPress簡単インストール 標準搭載
WordPress簡単移行 標準搭載
マルチドメイン 無制限
サブドメイン 無制限
権限別複数アカウント作成 機能によっては設定可能

XSERVER(レンタルサーバー)の利用料金

XSERVER(レンタルサーバー)にはX10・X20・X30と3種類のプランがあり、一番安価なX10プランの利用料金は以下の表をご参照ください。
なお、金額は税別表記。月々の利用料金は契約期間を3・6・12・24・36ヶ月から選択可能で、初回に36ヶ月分を一括前払いすると月あたりの料金は900円(税込990円)となります。

引用元:XSERVER(レンタルサーバー)(https://www.xserver.ne.jp/functions/service_server.php)
初期費用 3,000円(税込3,300円)
月額料金(3ヶ月払いの場合) 1,200円(税込1,320円)

XSERVER(レンタルサーバー)の使い勝手

10日間は試用期間なので無料で利用できる

XSERVERのレンタルサーバーは申込手続きをしてから10日間は無料で試用できます。メールアカウント作成など、初期費用を支払わないと利用できない機能もありますが、WordPressでウェブサイトを構築する場合の基本設定などは、この試用期間でも十分チェック可能です。

XSERVER(レンタルサーバー)のサーバー管理画面はシンプル

XSERVER(レンタルサーバー)のサーバー管理画面「サーバーパネル」
シンプルでわかりやすいXSERVER(レンタルサーバー)のサーバー管理画面「サーバーパネル」

XSERVER(レンタルサーバー)のサーバー管理画面は「サーバーパネル」で、会員情報管理の「インフォパネル」とは分離されたもの。ログインすると「サーバーパネル」で利用できる機能がシンプルにレイアウトされているため、自分のウェブサイト運用に必要となる設定画面がどれか、すぐにわかるでしょう。

WordPressの初期設定やセキュリティ設定も簡単

XSERVERのWordPressインストールは画面

WordPressのインストールは画面の指示に従って進めばOK。海外からのスパム対策にも役立つので、WordPressセキュリティ設定も利用しておきたいところ。
また、XSERVERのセールスポイントでもある高速化機能、エックスアクセラレーターも「サーバーパネル」からクリックしていって、Ver.1かVer.2を選ぶだけ。各画面の説明もUI設計同様シンプルでわかりやすいので、ひとまず様々な機能を触ってみるのがよさそうです。

申込後、より短時間で公開環境ができる【WordPressクイックスタート】とは

多くのレンタルサーバーで、専門知識がなくともWordPressの初期設定がスムーズにできる機能が提供されています。しかし、それは申込みが終わって、サーバー側の構築が完了してから管理画面で進める操作。
それらと一線を画す、XSERVER独自のスピーディーな設定サービスが【WordPressクイックスタート】です。

レンタルサーバー+独自ドメイン+SSLの同時申込だから早い!

【WordPressクイックスタート】はXSERVERのレンタルサーバー全プランでの利用が可能。新規にレンタルサーバーを申込む画面で“利用する”にチェックを入れておけばOKです。
これによってサーバーの初期設定だけでなく、独自ドメインの取得・設定とSSL設定まで一括申込することになり、httpsで始まる独自ドメインのウェブサイトですぐにWordPressが使えるわけです。

公式サイト内の【WordPressクイックスタート】に関する説明をチェック

XSERVERの公式サイトで【WordPressクイックスタート】について見てみようとしても、すぐには説明ページを見つけにくいと思います。特長や機能のページでは【WordPressクイックスタート】では記述が見当たらず、【WordPress簡単移行】という他社サーバーからの移行サービスと混同してしまうかもしれません。
公式サイト内では下記の2ページをチェックしてみてください。

引用元:XSERVER公式サイト|お申し込み手順(https://www.xserver.ne.jp/order/)